Windows11にアップグレードした

スポンサーリンク

アップグレード

Windows10のサポート終了までまだ時間があるからとずっと先延ばしにしてたんですが、急に「どうせいつかWindows11にする日が来るんだし今やってもいいか」と気が変わったのでアップグレードしてみました。

というわけでアップグレード完了。

デザインがだいぶ変わってる!

結構前に仮想マシンの方でWindows11を入れたことがあったので初見では無いはずなんですが、見慣れてないからか違和感が凄いですね。

全体的に丸っこくなってます。

タスクバーの位置が「中央揃え」なのが気に入らなかったので設定でいつもの「左揃え」に変更。

こういう位置設定系って従来通りの物を初期設定にしてくれって思うのは私だけでしょうか…。

確かに中央揃えの方がイマドキっぽいけど、個人的には慣れ親しんだやつの方が見やすい。

あとめちゃくちゃ便利になったと感じたのがウィンドウのスナップ表示。

ウィンドウを画面の上端に持っていくとこんな感じでレイアウトが表示されます(最大化ボタンにマウスを乗せるだけでもいい)。

後は好きなレイアウトを選ぶだけで、綺麗に分割表示できるようになります。

Windows10でも出来たけど、Windows11になってかなりやりやすくなった。

AndroidアプリをPCで遊んでみたかった(失敗)

仮想マシンの時は上手くいきませんでしたが今回はちゃんとした本物の環境なので行けるはず!

軽く調べたところWindowsの機能で「仮想マシン プラットフォーム」をONにする必要があるみたいなので設定を変えて再起動。

そういえば仮想マシンでやろうとした時もこんなことしたなぁ。

Microsoft Storeを開いてAmazonアプリストアをインストール。

画面の表示に従ってセットアップを進めていきます。

ついにアプリストアを開くところまでこれた!

後はサインインするだけ!

…のはずなんですが、しばらくの間ロードしていたと思ったら何も表示されることなく最初の画面に元通り。

新しいアカウントを設定しようとしても同じ結果でした。

サインインできないんかい!

結局PCでAndroid向けアプリを遊ぶのは今回も無理そうです。

おとなしくスマホで遊んどけってことですかね…。

おわり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました